放射能対策について

放射線測定報告
一覧を見る

求人情報

リンク

製品完成までの流れ

はじめに…
日本の国土は、7割近くを山林が占めております。
この山林は、私たちに材木を供給してくれるとともに、健康なくらしに必要な環境を形作ってくれます。この恵みの多い山林を守っていくには、育成と収穫を通しての持続可能な森林経営の連鎖が必要です。
協和木材は素材生産から原木直送・製材加工・製品販売までのすべてに直接携わり、一貫した地域材の大量供給・加工システムを形成しています。その一方で地元及び隣県の森林組合系統においてデータベース構築、施業システムや組織体制の改善などを進め、森林所有者への利益還元を図っています。
完成までの流れ
素材
素材を供給してくれる自然豊かな里山(八溝山、阿武隈山系)
協和木材では丸太の70%程度が立ち木からの購入。産地トレーサビリティーが明確です。

山林調査
山林部による選木及び毎木調査を行い、伐採する木を選び出し、計測します。材積を割り出す作業をしています。間伐では手入れ具合、曲りなど間引きに適した材を伐ります。

伐採
人工林はほとんどが密生しているため間伐は樹木の育成のために必要な間引きの作業です。また間伐をすることで太陽の光が林内に差し込み下草の成長が促されますがその結果山が保水力を保ち、しっかりした土壌を形成していきます。そのため表土の流出なども起きにくくなり、またスペースが広く取れた樹木はさらに成長することが出来、良質な建築材へとなっていきます。樹木を育成させる間伐は山が本来持っている機能を向上させ、さらに二酸化炭素吸収効果、炭素貯蔵効果、化石燃料抑制効果などの効果があり私たち人間にとっても必要不可欠な活動といえます。
搬出・運搬
伐採した丸太を搬出、協和木材工場へ運搬


選別・皮むき
丸太選別機(上)による選別。
選別機は三次元解析が可能なオーストラリア製で大きさ、用途別に自動選別されます。

粗挽作業
選別終了後、製品の原料となる木材の粗挽作業です。


重量選別
重さ及び比重により1本ずつ選別。重・中・軽の三段階。
乾燥
人工乾燥は、高温乾燥機によるドライングセットと中温減圧乾燥による仕上げ乾燥を組合せて実施されており、高温域での乾燥処理を最低限にすることで、スギ材本来の風合い(材色・艶)を損ねないことに重点が置かれています。乾燥機は24時間稼働の木屑炊きボイラーです。製材端材やおが粉、プレーナー屑を熱源として利用しています。化石燃料を使用せず地球にやさしいエコボイラーです。
グレーディング
十分な乾燥後の養生期間を設けた後に、仕上げ(モルダー)加工が行われています。
乾燥後の柱材は一本ずつ、透過型含水率測定器による含水率測定、強度(動的ヤング率)の測定を行い、製造番号とともに材面に印字表示されます。
柱等級選別
出荷検査時には、機械等級により区分された製品をさらに、定規盤を用いて一本ずつ目視等級によりランク別に選別しています。


完成品

杉管柱は全数検査後、ランク別に製品仕分けされて完成です。製品には合法木材証明(FIPCL)、原産地JASマーク、含水率、ヤング係数、ロットナンバーが記載されます。ロットナンバーによって何月何日何番目に製造された製品か履歴を追えるようになっています。
検査時のデータは全てコンピュータ管理されています。