放射能対策について

放射線測定報告
一覧を見る

求人情報

リンク

放射能対策

今後の放射能対策について
大気・素材・製品表面・製品内部の4段階で管理をしております。 
基準値以上の丸太があった場合は、自社で選別し、出荷いたしません。専門機関にて再検査し、自社測定データと照合し検証いたします。
大気中放射線量管理  福島県公式ホームページ参照
※2011年3月より自社測定をしてましたが0.1μSv前後で推移しているため
 2012年2月で自社測定は終息。今後は県のデータを参考とします。
原木丸太測定(丸太表面測定) 自社測定

高性能放射線測定器の購入。入荷済み実施中。

履歴の明確化→全産地ロットごとのサンプル測定→記録。

基準数値以上の丸太ははねる。
→異常が出た丸太は使用を中止し専門機関にて検査・検証。

製品測定(製品表面測定) 専門機関(白河加速器センターにて測定)

スギ・ヒノキ・マツの主要構造材

スギ主要床材

スギ主要羽柄材

月に一度持ち込み検査 

おがくず・チップ測定(木材内部測定) 専門機関(白河加速器センターにて測定)

スギ・ヒノキ・ マツの混合おがくず・チップ

月に一度持ち込み検査


※丸太の測定値は自社基準設定です。