放射能対策について

放射線測定報告
一覧を見る

求人情報

リンク

SDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGsとは「持続可能な開発目標」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダにて記載された2016年から2030年までの国際目標です。「地球上の誰一人取り残さない」持続可能な世界を実現するため、17のゴール・169のターゲッ卜を定め、世界的には勿論のこと日本としても積極的に取り組んでいます。

協和木材株式会社とSDGs

協和木材株式会社は3つの事業理念を掲げています。

  • ①森林の育成と木材の伐採・収穫を通じ、美しい森林と恵まれた環境を作っていく
  • ②製材技術の向上につとめ、優れた品質の木材を生産し、より良い住まいの材料を提供していく
  • ③社員1人1人が尊重される公平で誠実な企業活動を基本とし、健全で安定した企業として成長していく

これらの理念や、森を育てるエコ活動を行っている「木づかい運動」、生物多様性の保全や持続可能な森林経営を支援する「SGEC」に直接かかわっています。

協和木材株式会社のSDGs取り組み一例

持続可能な開発目標

  • 15: 陸の豊かさも守ろう

    陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る。

  • 12: つくる責任つかう責任

    持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • 9: 産業と技術革新の基盤をつくろう

    強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

  • 7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに

    すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

  • 8: 働きがいも経済成長も

    すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する